「人間は見た目ではない」。そのような言葉も度々用いられるものの、人間にとって見た目の美しさは全く意味をもたないと言えば、それはうそになるでしょう。誰もが美しいものへ惹かれ、その理想と自分の容姿のギャップに悩み、少しでもより理想像に近い自分へとなりたいと思うものです。そのために年代・性別を問わず、人々は美容を意識し、各々の美容法を欠かしません。

多くの人が実践している、メイクや髪型、日々の肌のお手入れといった美容は、その人の印象を大きく変えることができます。しかし、いくら念入りに丁寧な美容を心掛けたとしても、自分のコンプレックスを完全に打ち消すことはなかなか難しいことです。そこで注目されるようになったのが美容整形という選択肢です。美容整形にはさまざまな施術方法がありますが、総じて医療の力を用いて人々が求める「美」をその要望に応え生み出します。

いくら自分で努力しても難しく、また実現不可能であった理想の美を、この方法によって生み出すことが可能になるのです。この美容整形という選択肢については、さまざまな議論がされています。施術による危険性だけではなく、倫理的視点からの議論も起こっており、一般的に美容整形についてどちらかといえばネガティブなイメージがあることは否定できない事実でしょう。しかしそのような中でも、理想の自分へと生まれ変わりたいと強く望む人々にとって、美容整形がひとつの美容法として大きく支持されているということもまた、否定できない事実なのです。