美容整形は今は芸能界のタレントや女優さんたちばかりが利用するものではありません。人々の美意識の高さから、一般的になりました。日本人は元々、一重の方が多いのですが、外国人のようにはっきりした二重に憧れる方がたくさんいます。アイプチというのり状のもので、自ら、二重のラインを形成する道具を使って、毎日メイクの時に二重を作る人がいます。

ですが、瞼の皮膚は薄いので、毎日繰り返し行っていると、皮膚は腫れたり、炎症する場合があります。しかも、1日で効果がなくなるので、毎朝手間暇がかかります。プチ整形という美容整形があります。メスを使わない、手術もその日で終わり、日帰りで大丈夫なものです。

二重は埋没法という方法をとります。瞼の裏を2点か3点の糸で縫い合わせ、そうして二重のラインを形成します。個人差はありますが、埋没法で二重を作ると、一生キープする人もいます。プチ整形とはいうものの、涼やかな二重を作ることができるので人気が高いです。

お値段も、切開の二重術に比べて安いのが魅力です。美容整形というと、どうも後ろめたいものという認識が根強いと思われます。しかし、メイクと同じで、大掛かりな手術をしなくてよい方法があるので、ちょっとの勇気で挑戦できます。医師とカウンセリングをして、手術後の顔をイメージするので、頭の中で想像ができますし、思っていたのと違うという結果にはなりません。

コンプレックスを解消してくれる強い味方なのです。