整形外科で目の整形を受けたいという人は多いのですが、どのような手術があるのかを知っておくと良いでしょう。整形外科で受けられる目の整形といってもいろいろありますし、解消したい悩みに合わせて方法を選んでいくことが大切です。整形外科で二重にしてもらいたいという場合、まずはメスを使わない埋没法というものがあります。メスを使わないので安全性が高いのですが、瞼の脂肪が多い人には切開法がおすすめです。

切開法はメスを使った二重術であり、瞼の脂肪を取り除くことにより、くっきりとした二重を作ることができるのです。瞼を切開して余分な脂肪を取ってから好みの二重を作っていくことになります。この手術は取れない二重になりたい人におすすめであり、一重から二重にしたいという人はもちろん、すっきりとした二重にしたい人や幅広い二重にしたいという人などにも向いています。施術時間は約30分であり、施術中の痛みはほとんどありませんし、術後の強い腫れは個人差があるものの1~2週間程度で治まります。

傷跡はほとんど目立ちませんが、施術費用は埋没法よりも高くなっています。また、抜糸のため一度だけ通院する必要があるため、それまでは強く目を擦ったりぶつけたりしないように気をつけましょう。切れ長の大きな目の二重にしたいという場合、目頭切開という方法がおすすめです。これは目の幅を広げてバランスのよい目もとを作る二重術となっており、目が小さい人や目と目が離れている人などに向いています。